老健ではIVHの患者さんはいる?入れ替えや留置はどこで行う?

高齢化社会が進んでいる事もあって、介護施設も次々と建設されています。 しかし、まだまだ追いついていないというのが現状で、施設に入りたくても、入る事ができない高齢者が沢山います。 介護施設と一言で言っても、いろいろな種類があるのをご存知ですか? それぞれ特徴があり、入所できる方の状態も異なりますから、どの施設でも利用できる、というわけではないんです。 介護施設には、特養、老健、グループホーム、ショートステイ、有料老人ホームなどがあります。 特養というのは、一度入所すると、最期まで利用する事ができます。 そして、グループホームは認知症の方に対応している施設、ショートステイは、その名の通り、短期間の泊まりができる施設です。 老健というのは、リハビリを行いながら、在宅復帰を支援している施設です。 これらの介護施設の中でも、老健は、ドクターが常勤していて、看護師も24時間体制で常勤しているので、 一番医療に近い施設だと思います。 しかし、老健は、医療費が全額施設の負担になってしまうので、高額な医療を施設で行う事ができない、というのが実状なんです。 だから、IVHの患者さんは受け入れていないんです。 その他、高額な医療費になるような方の受け入れもしていません。 受け入れしたくてもできない、と言ったほうがいいのかもしれません。 IVHの患者さんは、有料老人ホームや特養の方が受け入れ体制が整っています。 ドクターや看護師が常勤しているのに、施設の負担が大きくなる為に、医療行為を行う事ができない現状については、 とても残念に思ってしまいます。 今後、介護施設の制度が改善されて、老健のあり方が変わってくれれば、多くの方が利用できる施設になるのではないかと思っています。