看護師単発 ランキング

訪問看護をしていると終末期を在宅で過ごす方に沢山出会います。受け入れてくれる家族がいるって幸せですね。在宅医療はまだまだ認知が足りずに嫌煙される傾向にあります。

 

私は、訪問看護の仕事をしています。
訪問看護は、主治医の指示に従って、介護士などの他の職種の方と連携しながら、
在宅している患者さんを訪問する仕事なんです。
いろいろなお宅を訪問する仕事なので、患者さんによってそれぞれ違った生活背景があるんだな、
という事が良く分かりますよね。
患者さんは、赤ちゃんから高齢者まで、全ての方が対象なんですけど、終末期の患者さんも沢山いるんですよね。
長患いで自宅で治療を受けているんです。
患者さんにとっては、自分が住み慣れた自宅で最期の時を過ごすというのは、一番幸せな事ですよね。
入院している状態では、自分らしく過ごす事はできません。
自宅だったら、家族と思いっきり一緒に過ごす事ができるし、自分らしく有意義な時間を持つ事ができますよね。
患者さんにとって最も理想的なんですが、在宅看護をする為には、家族の協力や覚悟が必要になってくるんです。

 

最近は、在宅で家族を看取るというケースがかなり減りましたよね。
家族の抵抗って結構大きいと思うんです。
医療を必要とする患者さんの場合は、肉体的にも精神的にも、負担がかなり大きいですよね。
家族は医療に従事していませんから、知識もなく不安な事だらけだと思うんですよ。
訪問看護をしていて気がついたんです。
在宅看護をしている家族は、皆さん医療についてすごく勉強しているんです。
多くの知識を身につけている事で、驚いてしまう時が沢山あるんですよ。

 

在宅看護をする為に最も大切なのは、家族の協力ですよね。
前向きに考えて、受け入れる家族がいなければ、在宅看護はとても出来ないと思います。
在宅医療についてもっと認知されれば、多くの患者さんが在宅できるようになるのかもしれませんね。